ルンルンきぶん

言葉の練習帳

各方面への補足

・絵画というイデアが存在する、ということは、相当な訓練者か冷静な心の持ち主でいなければ言えないないことかもしれない。音楽は(そういう意味では)非日常なのであって、絵画や演劇は日常の延長なのかもしれない。考察の必要性あり。

・信じることは、知ることとはイコールにならない。受け入れること。しかし、それは自分の中に対象をいれることではなくて、自分が対象の中に入ることだと思う。

みうらじゅんはすごい。

データというものは、研究や現実を遠くから眺めたいときは非常に便利だ。言葉は範疇が広すぎて、時と場合を選ぶ。(でも人を救うかも。)データ同士の翻訳、分野の横断によって、価値判断についての再考が可能か。

H氏、ミュシャ展を訪れる。2

随分と時間が経ってしまった。

 

ちなみに、H氏ははミュシャ展を2回訪れたのであるが、それは会期最後の土曜日と、最終月曜日であった。今回記録しているのは、土曜日のことである。

 

いよいよ切符を切られて、H氏はミュシャ展展示室へと足を踏み入れた。音声ガイドが売り切れていると言う声が聞かれたが、H氏は音声ガイドを借りるつもりはなかったので、特に気にはしなかった。

 

入るとすぐに、ほんの数秒の映像があった。おじいさんがこちらへ笑いかける映像だ。H氏は何度かその映像を見、なんとなくミュシャ本人なのではないか、と思いながら確かめようと足を止めることはなく、映像に背を向けた。

 

あれはなんだ。

 

さて、見えたのはスラヴ叙事詩の第1作目、『原故郷のスラヴ民族』の部分であったのだが、H氏がそれを理解するには少し時間がかかった。その絵は、今までに見たどの絵画よりも、と比べるのも憚られるほどの衝撃をH氏にもたらしていた。

早く絵をみたい。否、すぐにはみたくない。

まだ部分しか見えていなかったのに、H氏は恐ろしささえ感じていた。この絵をみてしまったら、今までとは全く異なる自分にならなければいけない、ならざるを得ないことを、H氏は予感していた。

 

えいや、と心を決めて、H氏はその絵の前へと進むことにした。その大きさはもちろんのこと、どこまでも広がって行く夜空と満天の星々、十字を体現して見守り祈る神と使者*1、夜を赤く照らす戦火、迫り来る黒い異民族の影に、深い草むらの中で怯えまっすぐにこちらを見つめるスラヴ民族のふたり。鈍く光る手元の鎌。光の支配。すべてがH氏を掴み、世界の中へと導いていくのであった。

(とても印象的だった光について、ミュシャの絵は全体のときもあるし部分のときもあるのだが、本当にそれ自体が発光しているのではないかと思える。)

 

展示室は人で溢れており、みな上を見上げていたのをH氏は印象深く覚えている。皆が仰ぎみているなんて、不思議な光景である。これが『スラヴ叙事詩』なのか、というありきたりな言葉と、重心が浮いてくるような体の中心から震える感覚にH氏は包まれていた。こういうときは体の反応のほうが素直で、頭は中心の部分以外は冷静に働く。油絵なのに薄いなとか、上下にある黒い帯状のスペースはなんだろうとか、ちょっととびだしてるなとか、雑多な言葉を思っていた。

改めて絵を見ようとするが、あまりに大きい絵なので、遠くへ行かないと一度に絵の中のすべての要素を見ることはできない。人の視野は広いが、ピントをあわせることのできる範囲は狭いのだ、などとH氏は思っていた。

『原故郷のスラヴ民族』の中のスラヴ民族の女性とH氏は非常に長い間対峙した。その女性は、ひどく怯えた眼で、光のない瞳で、しかし大きく見開かれた目でこちらを見つめている。H氏には、その女性がただ前の方向を見ているのではなく、現在この絵の前にいる人間を見つめ、さらにはその中身を見つめているように思えた。

 

ムハは、いかなる国の未来も、その国が歩んできた過去や歴史を知ることにかかっていることを確信していた。

ミュシャ展図録《スラヴ叙事詩》への招待 より

 ミュシャはMuchaのフランス語読みであり、チェコ語読みではムハという。

 

この女性は、今私を間違いなく見つめているのだ。そして、問いかけている。「あなたは、歴史の上に生きている自覚があるか。歴史を受け継いで生きていく覚悟があるか」

H氏は次々流れていく人の中で、いつまでもその絵を前にして立ち尽くしていたのであった。

 

 

ミュシャ最晩年の作品である『スラヴ叙事詩』は全20作の連作です。まだ1枚しかみていません。つづく

*1:解説によると多神教の祭司とのことだが、このときH氏は神様だと思っていた

神様

音楽には信仰というのがひとつ要素としてあるとは思うが(これは冷静だから考えられることだと思う)

 

最近結構神様(キリスト教)について考えている。

だれなのか、なぜわたしを愛してくださるのか、そのことを信じるとはどういうことなのか。聖書の言葉を反芻して少しずつ吸収していくが、今のところくすぶったままだ。

最近の自分は気持ちと言葉が気持ち悪いほど先行していて、突如として頭がうわああああとなることがある。

自分のうちに不変があるのはとても大きなことであると思う。

 

(全くもって何を言いたいのかわからん。)

 

今日お芝居を見に行きました。園の『ねむけ』です。なんとなく不条理かな、と思った。人格が分裂してて、また映像と音声と言語は少しずつ切り離されているような感があった。それらがどこまで絡み合ってるのかはわからない。結局のところ何も解決していないしあの子は死んで、自分は生き残って、自分はあの子を殺した。

舞台の上で起こっていることはすべて現象であって、つまりはひもの震えのパターンの集合体にすぎない。故になにもそこに意味なんてないと思いたいのだが、演劇には言葉があって、目の前では動いている人間がいるし耳オールウェイズ開放状態だから意味の取れる言語を私の脳は理解してしまい、なにかしらを受け取ろうとしていた。

演劇について、それ自体としてストーリーが劇的であって楽しめるものは、一ジャンルでしかなく、そして今回のは多分そういうのではなく一貫した世界観の中ですべてが完結している感がしていた。自分の中になにかしらの位置づけをしていくが、どうにかしてむこうがわの人が考えている真髄(みたいなもの)にたどり着きたい欲がある。

(どうもわたしはまだ「個人の解釈に委ねる部分もある」とか「観客の想像力」とか「十人十色の見方」とかに順応していないようだ。)

 

全体の演出とか科白と役者の行動の関係性とかから最適解を導き出すことはできるけど、わたしはどちらかといえば、その証明過程を知りたい

 

(知りたい知りたいと今は思うけれど、実際場所にいるときは、浴びてのまれてとにかく感覚という感覚をすべてひきつけられていた。おもしろかったな。おわりです)

 

 

世界はわたしの表象である


知ってる人と知ってる人の間にずれが生まれていく瞬間を眺めます

別々に話を聞いて、どっちにもうんうんって言う、哀しい人間力


音楽性のずれ で、解散してみたい


同じもののことを違う言葉でいうこと

それだけで、僕と君との間にある絶対的なものを形容するには十分で

同じものを同じ言葉で言ったとしたって

≪限界≫なんだと、ただその事実があるだけだと思い知らされるだけだったみたいだ


言葉は虚構

紙飛行機をありがとう

では言葉の中身はほんものか?


言葉は何を生み出す?

人と人とはなぜ触れ合いたがる?

都合のいいときだけ運命っていうのはやめにしようか



H氏、ミュシャ展を訪れる。1

話せば長くなるのだが。

 

私、仮にH氏とするが、H氏は去る6月3日、ミュシャ展を訪れたのであった。かねてから訪れるつもりではあったものの、会期末まですっかり忘れていたH氏は、決して逃すまいと心を決めた。スマートフォンの待ち受け画面をミュシャの絵画にし、電車を調べ、綿密にシュミレーションをし闘志を鋭くした。

かくしてH氏は、早朝のアルバイトを終えると、地下鉄で一路、六本木へと向かったのであった。

 

人が多い。

10時にしてすでに70分待ちであるという。H氏は頭を抱えた。誤算である。外は暑く、入場待ち列には初夏の陽光がこれでもかと射している。日傘や帽子などを持ってこなかったことをすぐさま後悔したが、ここで諦め、帰宅するという言葉は、H氏の辞書にはない。このくらいの列は列ではないのだと言わんばかりの冷静な顔つきをもち、H氏は列の最後尾につく。

 

これまた随分と入り組んだ列である。まず外に並ばなければならぬ。建物への入口が見えているにも関わらず、そこへ近づいたり離れたりするのは、餌を目の前に垂らされた馬のようなものであって、6月であっても苦行である。また、長い間立ち止まらせてくれればいいものの、列は高速道路のあの嫌な渋滞のごとく、動いては止まり、動いては止まりを繰り返す。昨年のちょうど今頃、若冲展チャレンジをしたことを思い出す。

 

H氏はなんとかこの時間を価値あるものにすべく努めた。鞄から取り出した本は、「読まずに死ねない哲学名著50冊」である。結果として、それは体のダメージを全く感じさせないほどの感銘と、同時に精神的ダメージをH氏に与えた。数々の名高い哲人たちに思いを馳せ、そのひとつひとつの主張に嘆息しながらも、炎天下で哲学を修めることは、凄まじい風圧の中で熱いお茶をすするようなものである(某日曜バラエティ番組より)、とH氏は悟った。余談であるが、H氏は、哲学に興味を持つ。

 

止まったり進んだりをこまめに繰り返す列の特性も相まって、集中力は長くは続かない。しかし、H氏は並ぶのも悪くない、と感じ始めている自分を発見した。列は、国立新美術館、車両の乗り入れ口へと差し掛かっていた。普段ならば来られない場所であろう、何度もこの場所を訪れているが、初めてみる光景であった。建物の人工的曲線的外壁と、赤と黒の直線的ロゴは絶妙なバランスでH氏に快さを感じさせ、さらに木々や草の緑が太陽の光を優しくなだめている。自然美と人工美の邂逅、すばらしいではないか。H氏は静かに何度も頷くと、再び視線を手元に戻した。

 

プラトン『国家』からアウグスティヌス『告白』までをさらったところで、まもなく建物に入ることができるという所まで来た。事件は起きた。列と列を区切るポールの隙間から、突如としてひとりのおじさまが列を一列飛ばし、H氏の後ろへと華麗な身のこなしで入りこんだのである。H氏はその様子を文字を追いかける視界の端で、しかと見ていた。H氏は焦った。後ろに並んでいるのは、聞こえてくる会話を思い出す限り、熱心なおばさま方であったはずである。もしおばさま方がよろしくない方法でこのおじさまを糾弾した場合、これが意味するところはすなわち、開戦である。H氏はひとり焦っていた。私が静かに指摘するべきなのではないか、「おじさま、列を乱されましたよ」などと、声をかければよいのである、しかしそれによって事が荒立ったら如何にせんと、H氏は葛藤した。

幸いなことに、出来事は何も起こらなかった。そこにははじめから、いかなるものも存在していなかった。はじめから並び順は、H氏、おじさま、おばさま方であった。やはり教養高いおばさま方、そのようなことにいちいち気を留められないのだ、H氏は肩をなでおろし、おばさま方の徳の高さを尊び、空を仰いだ。H氏の後ろにおじさまは、「あっつい」と何度も口にした。

 

しばしの間の後、H氏は、はたと気がついた。「私が一番、おじさまが列に割り込んだことに気を悪くしたのかもしれない」と。おばさま方を気遣っているように装いながら、質が悪い。H氏は自分を省み、自分を恥じた。H氏は頭を抱えてのたうち回りたい気分であったが、ここは国立新美術館である。H氏はその衝動をなんとかこらえ、そして、恥を拭い去らんと、哲学の概論を走ることに全神経を集めようと試みた。

 

悶々としながらも、中世スコラ哲学を通過し近代哲学をさらっているうちに、H氏はうまく集中することができていたようだ。気がつくと、まもなく2階へと続くエスカレーターである。H氏は我に返った。そうだ、私はミュシャ展に来たのだ。念願の《スラヴ叙事詩》を、ついにこの眼に入れることができる。H氏は、急速に鼓動が高鳴るのを実感していた。哲学の本をしまって、かわりになくさないように財布に入れていたチケットを破かないように丁寧に取り出すと、2Eと書かれた展示スペースの表示を見つめた。あの向こうで、超大作はどのように私達と対峙するのだろうか。私は、それらをどのように体験するだろう。

 

H氏のミュシャ展は、はじまったばかりであった。

 

 

続く!多分。