ルンルンきぶん

言葉の練習帳

初投稿である。

ふと思い立ってブログを初めてみることにした。

 

という一行目からして嘘である。ずっとやろうかやるまいか考えていた。拙文を公開する、何ということ、恥だ、恥の塊だ。それになんだ、自分の頭を晒したいだなんて、快楽主義にも程がある。

 

しばし恥と戦い、自己顕示欲と戦う。

 

言葉では何も表せない、だから言葉にしたって無駄だというのが長い間の持論だった。無駄だというのはさすがに言いすぎだと今になってみれば思うのだが、何かを言葉にするという発想、努力はしてこなかった。

今、言葉に魅せられている。大学で、言葉を巧みに操って世界を描き出す魔術師に出会った。書く言葉、話す言葉、聞く言葉、言葉としての言葉、音としての言葉、(言葉という文字がゲシュタルト崩壊してきた)ああなんてことだ。この驚きを、感動を、本人目線で撮られた海に飛び込む映像みたいな清々しい衝撃を、なんと言ったらいいのだろう。

 

脳内戦争の決着、自分には言葉が足りない。生み出す力が足りない。そんな反省を持ってこのブログを始めることにする。