ルンルンきぶん

言葉の練習帳

ネガティブ生産マシーンと化す

誰とご飯を食べるかということで可視化される人間関係なんて崩れ去ってしまえ。

1人で映画に行くなんて考えられない、と言うヒールと短いスカートのあなた、ライオンに生まれなくてよかったね。人間で、よかったね。

こうして架空の世界に向かって暴言を吐きまくる自分と、他人の噂話でご飯を食べられる人と、どっちが罪深いんだろう。

 

人間はみんな役者だって誰かが言っていた。外に出れば嘘、嘘、嘘にあふれていて、仮面をかぶった自分で踊り狂って、傷つけあって舐めあって、そうやって生きていくものだとしたら本当にわたしは貝にでもなってしまいたい。

ひとりでいるとき、創造主かのように世界を語って批判して、そんなことをしている自分が本当は一番クズなんだということはわかっているのに、気持ちいいからやめられないです。

 

不条理演劇より、現実のほうがよっぽど不条理じゃないか。うん、その通り。

 

寝て起きたら、もとの自分に戻ってますように!

もとの自分って誰?