ルンルンきぶん

言葉の練習帳

迷子なう

 何人かにもうひとつ道をつくりたいというようなことを喋る。

あるひとりは、音楽がきらいになったの、といった。

 

音楽はきらいになってないけど、西洋音楽は前よりは好きじゃなくなったかもなぁ。

音楽も好きだけど、人が好きになっちゃったんだよなぁ。

あと、自分のほんとうの欲求みたいなものに気づいた感もある。大学受験前は、とにかく急いでいた。人と関わりながら生きていきたいし、たくさんの人に出会いたいし、出会ったみんなにハグしてまわりたい。

人から必要とされる人間、みんなにじゃなくていい、ああ、今日いないなあの人、って思ってもらいたいって思う。いやつらい。いまの自分とのギャップに苦しむし、いつまでもふらふらしている自分が苦しい。

限られた時間をどうしようという気持ちがある。

前ことばのことで先輩が言っていたのの応用で、時間を区切っていくのではなくて、自分の行動によって、自分の時間を拡張させられるようになりたいなと思っている。

 

苦しいのは夜だけで、基本的にはほわんほわんしているんだけどさ!