ルンルンきぶん

言葉の練習帳

それでも奥底にあるもの


酔った頭で考えたことだけど


結局わたしは、この自分で1人でいる時間というのに、生涯耐えられないんだと思う。

ひとりでいたがるくせに、人といる時間の対価としてのひとりでいる時間だけが好きで、きっとそうなんだと思い、ひとりでいながら、早く誰か、とも思っている。人に、わたしは生かされている。


臆病者だ、わたしは。


絶対に、いつも必要とされる人でありたいというのが、わたしの切実な願いなのかもしれない。

そのためなら、多分何だって投げ捨てられる。


わたしは、必要を掴みに行くのだ。

愛を、正当な手段によって、また確実な保証として、勝ち取りに行くのだ。